コラム一覧


top>>コラム一覧

新しい文化や情報の発信拠点! 航空写真撮影から見る六本木ヒルズ

新しい文化や情報の発信拠点! 航空写真撮影から見る六本木ヒルズ


2003年の4月に開業した六本木ヒルズ。
国内外からたくさんの人が訪れる東京を代表する観光地の一つとなっています。
そこで、今回は六本木ヒルズを東京空撮の和航による航空写真撮影を通してご紹介いたします。

ぜひ東京の新しい文化を発信し続ける六本木ヒルズの魅力を感じてください。

雄大な自然を感じる! 航空写真撮影を通してみる知床半島の魅力

雄大な自然を感じる! 航空写真撮影を通してみる知床半島の魅力


2005年に第29回ユネスコ世界遺産委員会で世界自然遺産に登録された北海道の知床半島。
海・川・陸の生物が独自の食物連鎖を形成していることが評価され、日本初の海洋を含む自然遺産の登録に至りました。

そこで、今回は知床半島の魅力を航空写真撮影による航空写真を通してご紹介いたします。

ドローン規制法で何が変わったのか!?

ドローン規制法で何が変わったのか!?


新たな空撮ビジネスとして急成長するドローン市場ですが、2030年には1000億円を超えると予想されています。

また、近年はプロ用の高価なモノから数千円程度で購入できるモノまで、幅広い価格帯のドローンが販売されています。
さらに、ドローンのスピードを競う国際大会なども開催され、世界的に盛り上がりを見せているのです。

航空写真の撮影で「蔵王」の自然を堪能する

航空写真の撮影で「蔵王」の自然を堪能する


宮城県というと仙台市、日本三景の一つ松島が有名な観光地ですが、蔵王町にも訪れておくべき場所がたくさんあります。

そこで、今回は航空撮影による航空写真を通して蔵王町の魅力をご紹介します。




航空撮影による航空写真を通して見る東京ドームの凄い技術

航空撮影による航空写真を通して見る東京ドームの凄い技術


日本初の全天候型多目的スタジアムである東京ドームを、航空撮影による航空写真を通してご紹介します。
1988年3月18日、後楽園球場に変わる球場として後楽園競輪場の跡地に誕生しました。
約350億円の建築費をかけた東京ドームですが、読売ジャイアンツの本拠地をはじめ、コンサートや大規模な展示会などの多くのイベントに利用されています。
そこで、今回は東京ドームが導入している凄い技術に着目してみました。


空撮によるナイアガラの滝

空撮によるナイアガラの滝


世界三大瀑布のひとつであるナイアガラの滝を、空撮による航空写真を通してご紹介します。
凄まじい勢いで水が流れ落ち、水しぶきが周辺一面に立ち昇る姿に誰もが息を呑み、圧倒されてしまいます。

ナイアガラの滝は、自然の多いカナダで最も大自然の壮大さを感じることのできる場所と言えるでしょう。


ドローンで撮影した黒部ダムの魅力

ドローンで撮影した黒部ダムの魅力


今回、空撮による航空写真を通してご紹介するのは黒部ダムになります。
日本のダム建設の歴史の中で最も重要と言われ、特に建設するにあたり破砕帯との格闘は「黒部の太陽」として映画・ドラマ化されたことで有名です。

昭和31年から始まったダム建設は当時の金額で513億円という巨額な資金が投じられ、約7年の歳月をかけて完成に至りました。


まるで天空の城! 国内外から注目される竹田城跡

まるで天空の城! 国内外から注目される竹田城跡


国内はもちろん、海外からも注目されている竹田城跡。
標高353.7mの古城山(虎臥山)の山頂に築かれた城で、秋頃になると雲海が発生することから「天空の城」や「日本のマチュピチュ」とも呼ばれ、 多くの人々が雲海を目当てに訪れています。

そこで、今回は竹田城跡の魅力を空撮による航空写真を通してご紹介します。

「ドローン」に対する教育機関や企業の3つの取り組み

「ドローン」に対する教育機関や企業の3つの取り組み


近年、小型無人機「ドローン」が積極的に利用されています。
ドローンの登場により航空機が飛ばせない危険な場所や狭い場所の撮影を可能にするなど、これまでの空撮の概念が革命的に変わりました。
さらに空撮だけでなく、災害救助・状況確認、環境調査、各種報道、保安などあらゆる分野でも活躍しています。

またドローンは教育現場でも利用されはじめ、多く教育機関や企業もIT関連の教育の一環にドローンを取り入れることを発表しています。

日本の航空ビジネスの未来~航空写真を通してみるMRJ~

日本の航空ビジネスの未来~航空写真を通してみるMRJ~


2015年11月11日に名古屋空港で初飛行したMRJを空撮による航空写真を通してご紹介します。
MRJは構想段階の2002年から、実に13年の時を経ての初飛行になりました。

当初予定より4年遅れとなったものの、先進技術の採用をはじめ、日本のものづくり力を結集した小型旅客機として世界から注目されています。

20万人が訪れた入間航空祭

20万人が訪れた入間航空祭


今回は11月3日の文化の日に開催されるイベント「入間航空祭」をご紹介します。
空自の飛行チーム「ブルーインパルス」のデモンストレーションや戦闘機や輸送機などの展示、航空写真や映像などの展示が行われ、毎年多くの航空ファンで賑わいを見せています。

今年は好天にも恵まれ、約20万人の航空ファンが訪れたそうです。

台風18号の原因・被害状況と災害における航空写真の重要性

台風18号の原因・被害状況と災害における航空写真の重要性


台風18号の影響による記録的な大雨が、関東から東北にかけて甚大な被害をもたらしました。
今回は大雨の原因と被害状況、災害時の空撮についてご紹介します。

・大雨の原因
気象庁の発表によると、今回の記録的な大雨は台風18号と台風17号が影響しているとのことです。

空撮をはじめ、災害救助など多くの現場で活躍するドローン

空撮をはじめ、災害救助など多くの現場で活躍するドローン


近年、多くの新しいテクノロジーの中でもドローンに対する注目度が世界中で高まってきています。
ドローンとは無人で飛行することが出来る航空機のことです。
スマートフォンやインターネットを通して操作することが可能で、非常に利便性が高いと言われています。

大きさは手のひらサイズのモノから、軍事用に使われる本格的な航空機サイズのモノまで様々です。

空撮にピッタリな天候条件とは?

空撮にピッタリな天候条件とは?


航空写真はカメラマンやパイロットの技術だけでなく、撮影地域の天候や気象条件によって、 撮影難易度が大きく変わります。

空撮に適した気象条件は「晴」になりますが、天気予報が「晴」でも、良い写真が撮影できるというわけではありません。
気象庁の定義する「晴」とは、8割が雲に覆われた状態でも「晴」とされています。

空から見ることで、新しい価値を生み出す航空写真

空から見ることで、新しい価値を生み出す航空写真



航空写真とは、航空機(飛行機・ヘリコプター等)やパラグライダー、気球、ラジコンヘリから地上または水上にある対象物を撮影した写真です。

日常の見慣れた地上の風景とは異なる視点から空撮された写真をパンフレットや広告に使用することにより、 プロモーション効果を高めることができ、売り上げアップにもつながります。