アメリカの世界遺産! 航空写真を通してみるグランドキャニオン


top>>コラム一覧>>アメリカの世界遺産! 航空写真を通してみるグランドキャニオン

アメリカの世界遺産! 航空写真を通してみるグランドキャニオン

アメリカの世界遺産! 航空写真を通してみるグランドキャニオン


1979年に世界遺産として登録されて以来、世界中から多くの観光客が訪れるアメリカを代表する観光地の一つグランドキャニオン。

ここでは、空撮による航空写真を通してグランドキャニオンの魅力をご紹介します。





グランドキャニオンとは

グランドキャニオンとは


航空写真からグランドキャニオンの雄大さがわかります。
グランドキャニオンはアメリカのアリゾナ州北部にある峡谷。コロラド川の浸食作用によって削り出されて出来た地形です。
断崖は平均で約1200mの深さがあり、最深部はなんと約1800m。さらに、長さは約446km、幅は約6km~29kmに及びます。
ちなみに、今もなお浸食は続いているといわれています。



グランドキャニオンの観光スポット

グランドキャニオンの観光スポット


グランドキャニオンの観光スポットにはサウスリムとノースリムがあります。
主な観光の中心はサウスリム。サウスリムは宿泊施設やギフトショップをはじめ、銀行、スーパーマーケットなどがあり、滞在する観光客にとっては利便性が高い場所です。
一方のノースリムは宿泊施設が一か所のみ。
冬期は積雪の影響で封鎖されています。

航空写真を通してみるグランドキャニオンについてご紹介しました。
地上から眺めるグランドキャニオンの景色はとても魅力的ですが、空からの眺めもオススメです。
果てしなく続く広大な大地。渓谷の下を流れるコロラド川と上空ならでは景観を堪能することできます。
航空写真撮影にもピッタリなので、気になる方はぜひ遊覧飛行に参加されてはどうでしょう。